スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産の城跡、一部崩壊=地震の影響で-沖縄・うるま(時事通信)

 沖縄県で27日に起きた地震の影響で、世界遺産に登録されている勝連城跡(同県うるま市)の石垣の一部が崩壊していることが分かった。地震を受け、同市教育委員会職員らが、震度4の揺れを観測した市内の文化施設を見回り、発見した。
 同市などによると、崩壊したのは外周石垣の北東側の角部分。高さ約3.6メートルの石垣が、幅約4.2メートルにわたって崩れたという。市の担当者は「県など関係機関と調整し復旧を目指す」としている。 

【関連ニュース】
【Off Time】高野山-天空の宗教都市で過ごす時間
【Off Time】アンコールワットの旅 探検家気分で遺跡めぐり
〔写真特集〕驚くべき自然 人類の英知 世界遺産
〔写真特集〕日本と世界の古文書
〔写真特集〕自由の女神像 展望台からの眺め

社員100人超が申告漏れ=所得計20億円、クレディ・スイス日本法人(時事通信)
雑記帳 「餅上げ力奉納」で新記録 京都・醍醐寺(毎日新聞)
議長不信任案など否決、自民が審議復帰…衆院(読売新聞)
“お迎えの死に神”に抵抗 元NHKアナウンサー 鈴木健二さん(産経新聞)
「夫婦・親子別姓」法案を提示 法務省(産経新聞)
スポンサーサイト

<拡張型心筋症>沙也さんの募金が目標額達成 心臓移植へ(毎日新聞)

 難病の拡張型心筋症で東北大学病院(仙台市青葉区)に入院中の市立仙台二中3年、寺町沙也(さや)さん(14)が米国で心臓移植手術を受けられるよう集められた募金が目標の1億3000万円を超えた。募金をした「さやちゃんを救う会」(本部・札幌市)は「15歳の誕生日3月27日までに渡米させてあげたい」としている。

 同会は、09年末に「余命半年」と宣告された沙也さんの命を救おうと今月8日から募金活動を開始。23日午後までに総額1億4794万7676円が集まり、募金を終了した。

 同会によると、沙也さんの父貴史さん(43)と母直美さん(41)ら家族は「これほど早く目標に達するとは。みなさんのご協力に心より感謝します」と話しているという。

 今後、受け入れ先の米・コロンビア大学病院と東北大学病院が調整し、沙也さんの病状を考慮して渡航時期を決める。【高橋宗男】

報酬詐取容疑で弁護士逮捕=国選受任、接見回数水増し-岡山県警(時事通信)
瓶で殴り浴槽に沈め女性殺害、借金男を逮捕(読売新聞)
「宇宙で働ける未来がくるかも」子供たちにエール 野口聡一さん会見(産経新聞)
<公務員法改正>閣議決定 幹部人事を一元管理(毎日新聞)
アリバイづくりの“小沢氏への進言” 首相、指導力発揮できず(産経新聞)

がん患者支援、英「マギーズ・センター」に学ぶ(医療介護CBニュース)

 30年後の医療の姿を考える会とNPO法人白十字在宅ボランティアの会は2月21日、英国のがん患者支援センター「マギーズ・キャンサー・ケアリング・センター」(以下、マギーズ・センター)の最高経営者らを招き、東京都内で公開シンポジウム「メディカルタウンの再生力」を開いた。会場には300人を超える市民が集まり、がん患者が自分の力を取り戻せる支援とは何かを考える講演やパネルディスカッションに熱心に耳を傾けた。

 マギーズ・センターとは、1988年に乳がんの宣告を受け、95年に多臓器がんで他界したマギー・ケズウィック・ジェンクス氏の遺志を受け、96年に英国エジンバラに開設されたがん患者やその家族、友人らが抱える悩みに応える無料相談支援センター。現在、英国内で9つのセンターを運営している。

 シンポジウムの冒頭、30年後の医療の姿を考える会の秋山正子会長は、2008年11月にマギーズ・センターの話を初めて聞き、「これは本当に今必要な相談支援の形ではないかと思い(マギーセンターを)訪ねた」と説明。シンポジウムを通じて「ぜひ多くの人に知ってほしい」と訴えた。

 第一部では、マギーズ・センターの最高経営者のローラ・リー氏が、対象者や従事者、プログラムなどについて説明した。それぞれのセンターでは、がん専門の看護師や臨床心理士など少人数の専門家による、さまざまな情報提供や心理的なサポートなどを実施。利用する本人が必要とするときはいつでも無料で利用できるという。
 ローラ・リー氏はまた、同センターは発案から設立まで4年がかかったとした上で、日本でも力を合わせることで、もう少し短期間で設立できる可能性はあるとエールを送った。
 続いて同センターのビジネス開発ディレクターのサラ・ビアード氏が、センターの運営方法について講演。活動資金について、センターがある地域や企業パートナーからの支援、チャリティイベントを通じての寄付などだと説明した。
 また英国以外で初めて開設された香港のセンターを紹介し、これから5年以内にさらに国際的な広がりを持ち、日本にも同センターが設立されることを願っているとした。

 第二部ではパネルディスカッションが行われ、パネリストの厚生労働省がん対策推進室の鈴木健彦室長が「日本におけるがん患者の相談支援」のテーマで、がん診療連携拠点病院の相談支援センターや、国立がんセンターがん対策情報センターが作成中のがん「患者必携」などを紹介。またNPO法人がんと共に生きる会の海辺陽子副理事長は、相談支援では心のケアと共に「希望になる情報がセットになってほしい」と訴え、京都大学病院地域ネットワーク医療部の宇都宮宏子看護師長は、大学病院での退院調整看護師としての取り組みを紹介した。


【関連記事】
【中医協】がん診療の地域連携で「計画策定料」など新設へ
がん診療連携拠点病院、新たに15施設を指定へ
「院内がん登録」全国集計結果を初めて公表
がん「患者必携」、5割超が「有料でもほしい」
「オレンジバルーン」に込めた緩和ケア普及への思い

印刷局、財務省に戻すことも=独立法人へ天下り「巧妙」-枝野行政刷新相(時事通信)
主演は上野樹里さん=来年のNHK大河ドラマ「江」(時事通信)
橋下知事「パーフェクトな予算」 自画自賛の会見2時間半 (産経新聞)
衆院選無効訴訟で判決へ=別枠配分「違憲」と主張-東京高裁(時事通信)
折りたたみ自転車 5製品でハンドル抜ける欠陥(毎日新聞)

「目があった」中2が高校生を暴行、1カ月の重傷負わす(産経新聞)

 兵庫県宝塚署は16日、男子高校生(16)に暴行したとして、傷害容疑で、同県宝塚市の市立中学2年の男子生徒(14)2人を逮捕した。男子高校生は歯槽骨骨折などで約1カ月の重傷。

 逮捕容疑は昨年8月20日午後4時45分ごろ、市内の路上で、「何、見とんや」などと因縁をつけ、男子高校生に殴る、けるなどの暴行を加え、けがを負わせたとしている。

 同署によると、男子中学生5人のグループと、伊丹市内の男子高校生5人のグループが「目があった」ことで口論になり、中学生の1人が首にしていたアクセサリーを切られたことに怒り、切った高校生に暴行を加えたという。互いに面識はなかった。中学生らは「目があってむかついた」と容疑を認めている。

【関連記事】
小3殺害未遂の2少年、ほかの男児にも暴行か けんか強要
“アムロ似”女子高生が…カップ麺の汁かけ、タバコ押しつける 女子高生3人逮捕
「自転車乗ったままあいさつした」と集団暴行 少年4人逮捕
少女グループ「花魁」の3人逮捕 「集合日に来ない」と後輩暴行
「被害者が泣き寝入りしやすい」と“援交狩り” 女子高生ら4人逮捕

混迷深まる普天間移設 各党案提示を先送り(産経新聞)
光琳「紅白梅図屏風」 金箔、再調査で検出(産経新聞)
見過ごされてきた科学研究の「無駄遣い」 有効活用の方策は…(産経新聞)
「従来と態様異なる」=麻生政権末期の機密費-政府が見解(時事通信)
確定申告スタート 「納税、ばかばかしい」 首相・小沢氏に怒り、ため息…(産経新聞)

国公立大の倍率上昇、4・9倍に 不況の影響か(産経新聞)

 文部科学省は19日、国公立大入試の2次試験の確定志願者数が前年度より1万4255人増加し、48万9275人だったと発表した。増加は7年ぶりで、募集人員に対する志願倍率も前年度より0・1ポイント高い4・9倍となった。18歳人口が微増に転じたことに加え、学費が安い国公立大の人気が不況で上昇したのが背景とみられる。

 国立の志願者は36万407人で倍率は4・5倍(前年度比0・1ポイント増)、公立は12万8868人で6・7倍(同0・3ポイント増)。公立の上昇幅が大きいことについて、大手予備校の河合塾は「受験生の地元志向の強まりの表れ」と指摘する。

 大学別では、東大の倍率が4・1倍(同0・2ポイント減)と下降、京大は2・9倍(同0・1ポイント増)。河合塾は「首都圏の難関大が地方の受験生に敬遠される傾向があり、東大も影響を受けたのでは」としている。

 学部・系統別では薬・看護系が5・7倍(同0・5ポイント増)、教員養成系が4・6倍(同0・4ポイント増)で、資格志向が明確になった。

 また、センター試験の成績で門前払いする「2段階選抜」は、前期日程で16大学で実施され、2922人が不合格になった。

【関連記事】
私立高合格、ネット発表1割の理由とは… 掲示板復活も
試験会場までヒッチハイク300キロ! 列車運休も根性で合格 埼玉の女子中学生
高木美帆、高校に合格内定「ほっとしています」
立教大が出題ミス 理学部の化学入試で物質名誤記 「酸」が抜けていた 全員正解に
高校入試の調査書に別人の内容 松本の中学校、担任の転記ミス

伊予路に春の足音 松山で「椿まつり」(産経新聞)
国庫負担「肩代わり」法案に反対声明―健保連(医療介護CBニュース)
警部自殺は「パワハラ原因」=遺族、元上司ら提訴-神奈川(時事通信)
個所付け資料、民主分とは別と前原国交相=自民反発し「原本」要求(時事通信)
民主を次々襲う「政治とカネ」疑惑 今度は北教組の違法献金(J-CASTニュース)

和室からライター複数=子供2人死亡火災-警視庁(時事通信)

 東京都練馬区のアパート2階の関口裕之さん(24)方から出火し、長男大毅君(3)と長女心愛ちゃん(2)が死亡した火災で、火元とみられる和室からライター5、6個が見つかったことが18日、警視庁光が丘署への取材で分かった。
 同署によると、ライターは使い捨てのものとみられ、実況見分の結果、激しく燃えた和室の押し入れ付近で見つかった。 

【関連ニュース】
アパート火災、子供2人死亡=3歳と2歳のきょうだい
中3女子宅に放火容疑で再逮捕=脅迫の龍谷大生
アパート火災、男性2人死亡=女性1人軽傷
アパート火災で2人死亡=2階の居住者か
住宅など26棟焼ける=2人不明

<雑記帳>“裏”もあります 京都の消防署出張指導メニュー(毎日新聞)
火災 住宅の一部焼き女性死亡 男性が重傷 東京・大田(毎日新聞)
<国家戦略室>予算監視チームを各省に設置要請(毎日新聞)
「本当に悔しい」と知人ら=大森さんの通夜-宮城・石巻(時事通信)
<自民党>「予算案」に消費税上げ明示せず(毎日新聞)

留置場で花札、黙認した警部補ら3人を処分(読売新聞)

 新潟県警は12日、留置場で容疑者らが花札で遊んでいるのを黙認したとして、新潟東署留置管理課係長の男性警部補(57)と、同課主任(当時)の男性巡査部長(30)を戒告の懲戒処分とした。

 上司だった同課長(当時)の男性警部(53)も監督責任を問い本部長訓戒とした。

 発表によると、警部補と巡査部長は昨年2月上旬~3月26日、それぞれ別々に2~3回、同署の留置場で、容疑者の男ら3人が花札で遊んでいたのを確認したのに注意せず、上司にも報告しなかった。2人は、「物音を立てずにおとなしく遊んでいたので見過ごしてしまった。申し訳ない」と話しているという。

 男3人は同じ部屋に留置されており、うち1人が手紙用の便せんの厚紙を素手で切り、フェルトペンで絵や数字を描いて花札を自作。夕飯から就寝までの午後8時前後に約1時間、10回程度遊んだという。同月26日に別の男性警部が留置場を巡視中、花札で遊んでいる男らを発見し、県警が内部調査を進めていた。

 留置場では、花札遊びなどの勝負事は「風紀を害する行為」として、刑事施設受刑者処遇法に基づく細則で禁じられている。警察官は発見した場合、上司への報告が義務づけられている。

刑務所侵入容疑 元受刑者を逮捕 京都府警(産経新聞)
消費税率、2けた想定=次期総選挙の争点に-大塚副大臣(時事通信)
「グリー」で呼び出し少女乱暴、容疑で組員逮捕(読売新聞)
パトカーとトラックが炎上=トンネル内で追突、警官2人重軽傷-岡山・山陽道(時事通信)
桜開花、全国的に早めか=岡山や銚子は7日の開き-3社の予想出そろう(時事通信)

<漢検>鬼追理事長、3月末で退任へ(毎日新聞)

 前理事長親子による私物化問題に揺れた日本漢字能力検定協会(京都市)の鬼追明夫理事長が18日、協会を通じ、任期満了となる3月末で退任する意向を明らかにした。協会関係者によると、鬼追理事長は「私は火消し役。やるべきことはすべてやった」と話しており、2月13日の理事会で他の理事らに伝えたという。

 鬼追理事長は日弁連会長も務めた弁護士で、09年4月、協会を巡る背任事件で公判中の大久保昇前理事長の後任に就任。前理事長側の関連会社との取引解消や検定料引き下げなど改革を進めてきた。同じく弁護士の桂充弘事務局長も退任の意向という。

【関連ニュース】
漢検協会事件:揺れる入試の漢検利用 1大学中止、大半は様子見 /奈良

国民新党、シュワブ陸上部への移設提案へ(読売新聞)
神奈川いすゞ、車検でブレーキ整備せず「済み」に(読売新聞)
圧倒された菅氏「冷静な与謝野氏の言葉とは思えない」(産経新聞)
<不法残留>生体認証免れ入国 要人制度悪用 イラン人起訴(毎日新聞)
シャトル 山崎直子さんの両親会見「私たちも喜びを共有」(毎日新聞)

<訃報>宮内婦貴子さん76歳=脚本家(毎日新聞)

 宮内婦貴子さん76歳(みやうち・ふきこ<本名・杉本婦貴子=すぎもと・ふきこ>脚本家)16日、肺気腫のため死去。葬儀は近親者で営む。喪主は長女の杉本貴子(たかこ)さん。

 代表作に映画「風立ちぬ」「野菊の墓」「人間の約束」、歌手・佐藤千夜子の半生を描いたNHK連続テレビ小説「いちばん星」(77年、高瀬春奈・五大路子主演)など。02~03年にTBS系で放送された小学校教師と禅僧の清純ラブストーリー「ピュア・ラブ」(小田茜主演)は原作(毎日新聞社刊)も手掛けた。

【宮家のご公務】常陸宮ご夫妻、昭和天皇記念館ご視察(産経新聞)
<番号制度>導入に向け閣僚会合 5月までに複数案(毎日新聞)
「放火して丸焼きにしてやる」浜崎あゆみさん宅に脅迫文(産経新聞)
愉快犯か報復か 被害拡大…食料品への縫い針混入(産経新聞)
普天間移設、米上院小委員長「複数の選択肢ある」(読売新聞)

3児死亡飲酒事故、被告と同乗者らを賠償提訴(読売新聞)

 福岡市で2006年8月、児童3人が死亡した飲酒運転追突事故で、車を追突させた元同市職員今林大(ふとし)被告(25)(上告中)ら計5人に対し、両親が計約3億5000万円の損害賠償を求める訴訟を福岡地裁に起こしたことがわかった。

 提訴は5日付。

 両親の代理人弁護士によると、5人は今林被告のほか、車に同乗していた男性2人、飲酒検知前の今林被告に水を飲ませた男性、車の所有者である今林被告の父。両親が負った心身の傷と3児の死亡に対する慰謝料などを求めている。

 今林被告側は刑事裁判で「被害者の居眠り運転や急ブレーキも事故の原因」とし、被害者側にも過失があると主張。被害弁償は行われておらず、両親がこれまでに受け取ったのは自賠責保険の保険金のみという。

鳩山首相連発「米に依存…」 同盟協議、波紋 深化どころか不信増幅(産経新聞)
<雑記帳>ストップ温暖化『一村一品』 鳥取県北栄町が受賞(毎日新聞)
<火災>住宅の一部焼け、82歳遺体を発見 千葉・船橋(毎日新聞)
<中医協答申>病院勤務医を重視 4月実施(毎日新聞)
入学者ゼロで新年度?兵庫の法科大学院(読売新聞)

元選対幹部有罪判決で民主・小林氏、辞職を否定(読売新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)は12日夜、札幌市内で記者会見し、自身の元選対幹部が公職選挙法違反の罪で有罪判決を受けたことについて、「大変厳しい司法判断が下った。大変遺憾に思っている」と述べた。

 一方、小林氏は、「金銭の支払い関係があったとは認識していなかった」と、自らの関与を否定したうえで、「現時点では(議員)辞職、離党は考えていない」と述べた。

 元選対幹部の禁固刑以上が確定すれば、札幌高検は小林氏本人への連座制適用を求める行政訴訟を札幌高裁に提起する方針。

生活保護に就労義務化 日本最多の大阪市、国に提案(産経新聞)
<田村参院議員>民主に入党 統一会派、過半数に(毎日新聞)
殺人未遂容疑 男逮捕 3人切り付け1人死亡 東京・台東(毎日新聞)
<公務員法改正案>閣議決定見送り(毎日新聞)
「常識たたき直す。もっと金を払え」 介護士の男再逮捕 寝たきり男性から現金脅し取る(産経新聞)

石川衆院議員、辞職せず(時事通信)

 政治資金規正法違反事件で起訴された民主党の石川知裕衆院議員は9日夜、地元の北海道帯広市で記者会見し、自らの進退について「与えられた職責を果たしたい。後援会から一任をもらったので、自分自身で判断したい」と述べ、衆院議員を辞職する考えはないことを明らかにした。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「政治資金収支報告書の虚偽記載罪」
石川議員が進退表明へ=辞職否定の見方が大勢
「小沢氏は説明尽くすべき」=鳩山首相
石川氏処遇、党で判断も=鳩山首相
小沢氏、政倫審弁明に反対=共産・穀田氏

「頑張って」と言ってない=首相、小沢氏との会談で(時事通信)
<加藤紘一氏>「秘書がやったことは…」首相に「責任」迫る(毎日新聞)
【元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(中)】「極悪非道な『ふり』をしているだけ」 弁護人、人間性強調(産経新聞)
首相動静(2月11日)(時事通信)
<インフル>患者数、再び減少 累計は2006万人(毎日新聞)

米自治領知事、受け入れに前向き=11日にグアム視察-沖縄委(時事通信)

 【米領グアム時事】社民党の阿部知子政審会長と国民新党の下地幹郎政調会長は10日(日本時間同)、米自治領北マリアナ諸島のサイパンを訪れ、フィティアル知事と会談した。関係者によると、同知事は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設受け入れについて「基本的に前向きだ」と述べ、日米が同諸島への移設で合意すれば前向きに検討する考えを表明した。
 ただ、同知事は「受け入れは環境、社会への影響が過重にならないことが条件だ。外交・安全保障にかかわる問題だから、米政府と話す必要もある」とも語った。
 阿部、下地両氏は普天間飛行場の移設先を選定する政府・与党の沖縄基地問題検討委員会のメンバー。11日は松野頼久官房副長官ら政府側委員と合流し、米領グアムのアンダーセン空軍基地などを訪問する。 

【関連ニュース】
米上院小委員長、訪日へ=普天間問題
普天間移設案、17日提示=国民新は嘉手納統合案
小沢氏訪米「支援したい」=岡田外相
10日からグアム視察=普天間移設で政府・与党検討委
小沢氏訪米、普天間議題に=高嶋氏

<シナジーライフ>入居者が代表を提訴「天引き高額で苦痛」(毎日新聞)
市税・市営住宅家賃滞納、大阪市職員60人処分(読売新聞)
【元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(中)】「極悪非道な『ふり』をしているだけ」 弁護人、人間性強調(産経新聞)
ドラムブレーキ点検せず=いすゞ系検査員11人送検-神奈川県警(時事通信)
小沢幹事長、田村参院議員に入党要請(産経新聞)

<ニュース1週間>朝青龍が暴行問題で引退/小沢氏不起訴、石川議員ら3人は起訴(毎日新聞)

 今週(1月30日~2月5日)のニュースをまとめた。

【写真特集】横綱朝青龍 激浪の土俵

 ◇朝青龍関が暴行問題で引退

 横綱・朝青龍(29)=本名・ドルゴルスレン・ダグワドルジ、モンゴル出身、高砂部屋=が4日、現役引退することを表明した。朝青龍は「いろいろあったが、引退した。今は晴れ晴れしている」と語った。朝青龍は大相撲初場所(東京・両国国技館)開催中の1月16日未明、東京都内で酒に酔って飲食店で働く知人男性とトラブルを起こしたとされる。99年初場所で初土俵を踏み、03年初場所後に所要25場所の最速記録でモンゴル出身で初の横綱に昇進した。05年九州場所では史上初の7連覇と年6場所制覇を達成した。幕内優勝は大鵬、千代の富士に次ぐ歴代3位の25回。

 ◇陸山会事件、小沢氏不起訴、石川議員ら3人は起訴

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、東京地検特捜部は4日、当時の事務担当者で同党衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら3人を政治資金規正法違反(虚偽記載)で起訴した。同法違反容疑で告発された小沢氏については同日、容疑不十分で不起訴とした。ほかに起訴されたのは、当時の会計責任者で公設第1秘書、大久保隆規(48)と石川議員の後任の事務担当者で元私設秘書、池田光智(32)の両被告。小沢幹事長は4日、不起訴処分となったことを受け、幹事長を続ける意向を表明した。

 ◇首都圏連続不審死、35歳女を殺人容疑で再逮捕

 首都圏で男性の不審死が相次いだ事件で、埼玉県警は1日朝、昨年8月に交際中だった東京都千代田区の会社員、大出嘉之さん(当時41歳)を練炭自殺に見せかけて殺害したとして、大出さんに対する結婚詐欺容疑で逮捕していた住所不定、無職、木嶋佳苗容疑者(35)を殺人容疑で再逮捕した。昨年5月、木嶋容疑者がヘルパーとして出入りしていた千葉県野田市の安藤建三さん(当時80歳)が自宅で焼死しており、千葉県警も関連を捜査している。

 ◇6月から37路線で高速無料化実験

 国土交通省は2日、10年度に実施する高速道路無料化の社会実験について、地方の2車線区間を中心に37路線50区間を対象とすると発表した。合計距離は1626キロで、首都高速と阪神高速を除く全路線の約18%にあたる。実験は6月をめどに開始するが、地方を中心としたことで、流通コストの引き下げ、渋滞解消など、当初期待された実験の効果は限定的になりそうだ。対象区間は、現在の「休日上限1000円」による渋滞発生状況や、他の交通機関への影響などを考慮して選んだ。渋滞の悪化を避けるため、首都高速、阪神高速、東名高速、名神高速などは除いた。フェリーと競合する本州四国連絡高速と東京湾アクアラインも対象外となった。

 ◇日本相撲協会理事に貴乃花親方が当選

 任期(2年)満了に伴う日本相撲協会の理事選挙(改選数10)は1日午後、東京・両国国技館で投開票された。角界の常識を破り、二所ノ関一門を離脱して「無所属」の形で立候補した貴乃花親方(37)=元横綱=が初当選した。評議員(親方、立行司、力士代表)111人が投票し、貴乃花親方の得票は10票だった。貴乃花親方は1968年に現行の役員制度になってから5番目に若い理事となった。立浪一門に所属する大島親方(62)=元大関・旭国=は落選した。理事選挙には、武蔵川理事長(61)=元横綱・三重ノ海=ら現職8人と、貴乃花親方ら新人3人の計11人が立候補。02年以来4期8年ぶりに評議員による投票に持ち込まれた。

 ◇山田洋次監督に「ベルリン」特別功労賞

 2月11日に開幕する第60回ベルリン国際映画祭で、山田洋次監督が特別功労賞「ベルリナーレ・カメラ」を受賞することになった。新作「おとうと」の公開初日の30日、山田監督が東京都内の映画館で舞台あいさつした際に明らかにした。松竹によると、映画界に貢献した個人や団体に贈られる賞で、日本では市川崑監督(00年)や熊井啓監督(01年)が受賞している。山田監督は「市川監督の映画『おとうと』(1960年)がヒントになって作った作品。同じ賞を頂けるのは光栄です」と喜びを語った。

 ◇ジャコメッティ「歩く男」 「史上最高」95億円で落札

 競売会社サザビーズによると、スイスの彫刻家ジャコメッティ(1901~66年)の作品「歩く男」が3日、ロンドンで競売にかけられ、オークションで売られた美術品としては史上最高額となる約6500万ポンド(約95億円)で落札された。落札額はドル計算では約1億433万ドルとなることから、04年5月にニューヨークのサザビーズで当時の史上最高額約1億410万ドルで落札されたピカソの絵画「パイプを持つ少年」を超えるという。「歩く男」は高さ約183センチのブロンズ製で、61年の作品。

 ◇ジョン・レノン・ミュージアム閉館へ

 元ビートルズのジョン・レノンの遺品を展示している「ジョン・レノン・ミュージアム」(さいたま市中央区)が9月30日で閉館する。運営する「ミュージアム・タイセイ」(さいたま市)の親会社・大成建設(東京都)が4日発表した。妻のオノ・ヨーコさんと結んでいる10年間のライセンス契約が満了するのに伴う決定という。ミュージアムはレノンの生誕60周年の00年10月9日、埼玉県が所有する大型多目的施設「さいたまスーパーアリーナ」内にオープン。オノさんが公認した唯一の博物館で、愛用のギターや子供時代の写真など、オノさん秘蔵の遺品約130点と映像などで40年の生涯を紹介している。

【関連ニュース】
【国技の歴史】写真特集:国技館開館から100年 伝統をつないだ力士、ファンと共に
【写真特集】石川衆院議員:東京地検が逮捕…小沢氏の元私設秘書も
【「聴取」の第一報】連続不審死、結婚詐欺容疑の女聴取 遺体発見現場の写真も
【関連記事】ベルリン映画祭:山田洋次監督「おとうと」を記念上映

公的役割を日本郵政に=金融新業務は原則自由-改革素案(時事通信)
<桜の開花予想>東京都心は3月23日ごろ 日本気象協会(毎日新聞)
国内最高齢のゾウ「はな子」が63歳 井の頭自然文化園でお祝い会(産経新聞)
掲示板で男児の裸画像を公開 容疑で男子高校生ら3人逮捕(産経新聞)
雅子さま、大きく改善=活動広げるには時間必要-宮内庁(時事通信)

<就職>「氷河期なんかに負けないぞ」専門学校生が出陣式(毎日新聞)

 厳しい就職戦線を勝ち抜こうと、専門学校生による合同就職出陣式(学校法人・立志舎主催)が10日、東京都千代田区の日比谷公園大音楽堂であった。首都圏の11校から約1500人が集まり、会場は熱気に包まれた。

 立志舎によると、今年は金融危機から続く不況から脱出できず、雇用環境も「氷河期」に迫る厳しい情勢という。出陣式では冷たい風が吹く中、学生服姿の応援団やチアリーダーがこん身の演舞を披露。生徒らは「氷河期なんかに負けないぞ」「エイエイオー」と何度も気勢を上げた。

 IT関連企業への就職を目指す秋田谷祥子さん(22)は「専門学校で学んだ専門性と持ち前のチャレンジ精神を武器に頑張りたい」と意気込みを語った。【松本光央】

ビールにパフェ…ファミレスで9時間無銭飲食(読売新聞)
練炭自殺、車内に矛盾点…連続不審死(読売新聞)
ねずみ講「ライブリー」元幹部ら3人起訴、1人は不起訴に(産経新聞)
雪あかりの路 小樽の町に、運河に、キャンドルの灯(毎日新聞)
ハイチPKOが出発へ=陸自部隊、8日に現地入り(時事通信)

<フィリピン>スラムに救援拠点…映画監督の四ノ宮浩さん(毎日新聞)

 アジア最大のスラムと呼ばれたフィリピンのごみ捨て場で暮らす人たちを撮る映画監督、四ノ宮浩(しのみや・ひろし)さん(51)が、映画を見た人たちの寄付金を基に現地にボランティア施設「バスーラの家」の建設を進めている。病気で亡くなる子供を助けるために予防接種や給食の場とする計画で、3月にも完成する。ボランティアの無料宿泊所も兼ね、「日本の若者と住民が交流し、現状を変える力になれば」としている。【馬場直子】

 ◇撮影がきっかけ…予防接種や給食の場に

 建設場所は、マニラ北部の「アロマごみ捨て場」敷地内。四ノ宮監督は89年から度々現地入りし、ごみ捨て場にバラックの小屋を建て、資源ごみを換金して暮らす人たちのことを撮影。「バスーラ」(タガログ語でごみの意味)など、3作を公開した。

 取材や撮影の際、最も心を痛めたのが子供たちの死だった。ごみ山に住むため、衛生状況はひどい。薬代が月収の5分の1にも上り、病院にも行けない。ごみ拾い中、トラックにひかれることもある。現状を知ってもらうために映画を撮ってきたが、「より直接的な支援をしたい」と、「バスーラの家」の創設を決めた。

 施設は平屋建て約250平方メートル。四ノ宮映画に出演した住民や日本人留学生がスタッフを務める予定。地元の医師と協力し、ポリオなどの予防接種をしたり、給食の提供などをする。

 昨年10月に着工し、12月には、映画を見た日本人大学生7人が、私費で現地に渡り、造成工事などを手伝った。現地に入って3日目に赤ん坊の死に立ち会ったという慶応大3年、中井洋平さん(21)は「頑張れば幸せになれる。そんな当たり前の環境を整えてあげたい」と語る。

 四ノ宮さんは撮影中に「自分は一生、ごみ捨て場で暮らすから、弟と妹を学校に行かせて」と願う少女に出会った。炊き出しなどをするボランティアツアー参加者を募集中で、「日本の若者に、他人のために生きる素晴らしさを分かってもらえたら」と話す。

 建設・運営費のカンパやツアーの申し込み・問い合わせは、四ノ宮監督が代表を務めるオフィスフォープロダクション(03・6425・9037)へ。

横浜事件 4次請求の刑事補償決定司法の過失に言及(産経新聞)
死刑容認、過去最高の85・6%…内閣府調査(読売新聞)
普天間の継続使用、首相が否定…参院代表質問(読売新聞)
<マイケルさん急死>麻酔薬投与の医師、出頭に合意(毎日新聞)
誤信殺人の被告に実刑=「責任重い」-横浜地裁の裁判員裁判(時事通信)

<森繁さん偲ぶ会>枚方市民ら1200人「知床旅情」合唱(毎日新聞)

 大阪府枚方市出身で、昨年11月に96歳で亡くなった俳優の森繁久弥さんの市葬「名誉市民・森繁久弥さんを偲(しの)ぶ会」が6日、同市民会館であり、遺族や地元選出の平野博文官房長官のほか、市民ら約1200人が出席した。

 森繁さんは同市で幼少期を過ごし、84年に名誉市民となった。会場には直筆の手紙や写真を展示。全員で黙とうし、森繁さんが作詞・作曲した「知床旅情」を合唱した。

 竹内脩市長が「私たちに生きることのすばらしさを教えてくれた」と追悼の言葉を述べ、平野長官は「地元の、人生の大先輩である森繁さんの足跡に学び研さんを積みたい」と語った。午後は森繁さんの主演映画を上映する。【田中博子】

【関連ニュース】
森繁さん震災詩:書の作品に 教え子亡くした神戸の書家
国民栄誉賞:故森繁久弥さんに贈る 首相官邸で表彰式
変わり羽子板:「今年の顔」に石川遼選手ら13人 東京
テレビ視聴率:報ステ22%、ニュースウォッチ9は20.4% 市橋容疑者逮捕、森繁さん死去で
森繁久弥さん:震災詩、書の作品に 教え子亡くした、神戸の書家

新聞配達女性、死因は窒息=殺人で捜査本部-山梨県警(時事通信)
東京メトロ丸ノ内線、全線で運転再開(産経新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏不起訴の方向で検討 東京地検(毎日新聞)
こういう形で引退残念=朝青龍表明で鳩山首相(時事通信)
緊張感ゼロ“お遊戯国会”(産経新聞)

<リコール>三菱ふそうのトラックやバス 同部品の日産も(毎日新聞)

 三菱ふそうトラック・バスは2日、小型トラック「キャンター」や小型バス「ローザ」など4車種、計9万118台(97年10月~08年4月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届けた。エンジンのカムシャフトで強度不足の部品があり、最悪の場合、エンジンが停止する恐れがある。

 また、同じ部品を使っている日産自動車のマイクロバス「シビリアン」1216台(05年11月~07年6月製造)、タダノのクレーン車「タダノ」251台(05年12月~07年3月製造)、同「コベルコ」48台(06年1~12月製造)のリコールを両社がそれぞれ届けた。

【関連ニュース】
フォルクスワーゲン:2車種リコール 燃料漏れの恐れ
リコール:「エクスプローラー」1万3729台
トヨタ:副社長が陳謝…大規模リコール、初の本社会見
トヨタ:欧州でもリコール検討…アクセルペダル問題
トヨタ:リコール費用「1000億円」 ぺダルに強化板

首相動静(2月5日)(時事通信)
<横浜事件>65年…「やっと答え」遺族ら万感 無罪判断(毎日新聞)
将棋界最年長 74歳・有吉九段、引退へ(産経新聞)
<沖縄連絡室>内閣官房の職員らが兼任(毎日新聞)
「黒い雨」由来の放射性物質、初めて確認(読売新聞)

知人女性から7000万詐取か=「遺産で返す」-容疑で59歳女逮捕・警視庁(時事通信)

 「旧家出身で土地もある。母の遺産で返す」と言い、臨床検査技師の女性(54)から約900万円をだまし取ったとして、警視庁綾瀬署は1日までに、詐欺容疑で、住所不定、無職石田幸子容疑者(59)を逮捕した。
 同署によると、容疑を認めている。「佐賀に数千坪の土地があり、売れば30億円になる。価値のある骨董(こっとう)もたくさんある」と話し、逮捕容疑を含めて計約7000万円を詐取した疑いがあるという。
 逮捕容疑は2007年4月下旬から同年10月下旬の間、「亡くなった母の老人ホーム代の返済を迫られている。遺産相続手続きが終了したら返す」と偽り、女性から数十回にわたり、計約900万円を詐取した疑い。 

【関連ニュース】
顧客の貯金、詐取容疑=漁協元職員を逮捕
日本語研修の実態調査へ=インドネシア介護士受け入れで
処方薬、検出成分と一致=走行記録、販売日誌も分析
元課長ら4人再逮捕=広島ガス子会社の架空取引
元巨人桑田さんの元義兄を逮捕=架空投資話で詐欺容疑

<地域委員選挙>ピンチ 参加申請3.3% 名古屋(毎日新聞)
女子大生遺棄犯人像「帰宅ルート周辺に住む男」(読売新聞)
<公選法違反>後藤衆院議員の出納責任者が控訴(毎日新聞)
<火災>木造住宅全焼、男女2人が死亡 東京・練馬(毎日新聞)
タミフルの輸入代行 薬価の3~5倍 「個人」規制なく野放し(産経新聞)

石川議員「離党も辞職もない」=鈴木宗男氏(時事通信)

 新党大地の鈴木宗男代表は6日、政治資金規正法違反罪で起訴された石川知裕民主党衆院議員(北海道11区)について、北海道帯広市内で記者団に「今の時点では離党や議員辞職は全くない」と述べた。小沢一郎幹事長も同様の認識かとの質問には「もちろんだ」と語った。
 鈴木氏は「小沢氏は明快に、これ(石川議員の事件)は秘書時代の出来事だ(と考えている)。しかもこれから裁判をやっていく(話だ)」と指摘した。
 社民党が石川議員の自発的辞職を求めていることについては「社民党は言う資格はない。辻元清美国土交通副大臣や、土井たか子前党首の元秘書の例(秘書給与詐取事件)もある。きれいごとやパフォーマンスは要らない」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏を不起訴~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

継続使用の可能性も=普天間問題で外相(時事通信)
<首都圏連続不審死>「背もたれ傾き」端緒 自殺から事件に(毎日新聞)
<気象>北陸・北日本、明朝まで暴風雪 群馬などの山沿いも大雪(毎日新聞)
<谷垣自民総裁>定年制厳守を3氏に通告…将来見直しは含み(毎日新聞)
警官発砲で負傷の男逮捕=車で突進、殺人未遂容疑-愛知県警(時事通信)

「実質ゼロ改定」報道に見解―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は2月1日、「2010年度診療報酬改定の改定率について」を公表した。長期収載品の薬価引き下げによる財源約600億円が2010年度の診療報酬改定率に盛り込まれておらず、実質ゼロ改定だとする一部報道を受けたもの。

 見解では、600億円について財源に盛り込んでいないとした上で、従来から「先発品から後発品への置き換え」による財源は、本来的に医療機関の収入とみなされるべきものの減少につながるわけではないため、一貫して診療報酬改定の財源にしてこなかったと説明。また、今回の「置き換え効果」の精算分600億円は、後発医薬品の促進が進んでいない現状を是正するためとしている。

 一部報道では診療報酬改定率について、後発品のある先発品(長期収載品)の薬価引き下げ分(600億円)が盛り込まれていないため、「本体」との差は実質ゼロ改定などと指摘している。


【関連記事】
【中医協】「公聴会の意見、中医協に反映を」
【中医協】アクトスなど市場拡大再算定品目が決定
診療報酬改定率受け、「財務省が非常に強い」-全自病・邉見会長
来年度の診療報酬・調剤報酬改定で見解-日薬
薬剤費の削減額は当初試算から300億円拡大

替え玉殺人の中国人妻に無期懲役 1件無罪、1件は傷害致死認定(産経新聞)
<福島県警>警部補ら7人、犯人隠避容疑で書類送検(毎日新聞)
「イライラして」少年にナイフ投げつけ逮捕(読売新聞)
<鳥取不審死>上田容疑者、派手好きで子煩悩(毎日新聞)
盛りだくさん「恵方」行き列車、1年の福願う(読売新聞)

民家に4人組強盗、430万奪う 千葉県富里市(産経新聞)

 29日午後4時ごろ、千葉県富里市の無職の男性(68)方に、宅配業者を装った男4人が押し入り、拳銃(けんじゅう)のようなものを突きつけ「金を出せ」などと男性を脅迫。現金433万円を奪って逃げた。千葉県警成田署は強盗事件として男らの行方を追っている。

 同署の調べでは、拳銃を突きつけた男は身長180センチほど。それ以外の3人は身長170センチほどで、4人ともジャンパーを着て、マスクをしていたという。

【関連記事】
昏睡強盗でスナック経営者ら逮捕 手製カードリーダーで暗証番号盗み見る
鳥取連続不審死 県警、殺害当日に尾行しながら防げず
殺人の時効廃止 法制審部会で改正骨子案
八王子スーパー3人射殺 犯人の足跡と同じ靴底の靴公開
カツ丼食い逃げ…ナイフ使い脅した意外な理由

医療ADRに関する連絡協議会を設置へ-厚労省(医療介護CBニュース)
JR函館線が運転再開=事故の特急車両撤去-北海道(時事通信)
歩道の3人、乗用車にはねられ心肺停止…名古屋(読売新聞)
機長と巡視員の「協力不足」指摘=巡視ヘリの送電線接触-運輸安全委(時事通信)
<失業>パート狙い撃ち1月56.4% 非正規の解雇で突出(毎日新聞)

<横浜死傷事故>飲酒の容疑者、子供を病院へ連れていく途中(毎日新聞)

 横浜市緑区鴨居5の居酒屋「梧(あおぎり)」に軽乗用車が突っ込み、男性客3人が死傷した事故で、神奈川県警緑署は30日、自動車運転過失傷害容疑の現行犯で逮捕した同県大和市つきみ野2、保険代行業、小坂泰男容疑者(44)が「知人女性宅で飲酒後、発熱した女性の子供を病院に連れていくため運転した」と供述していることを明らかにした。

 同署によると、小坂容疑者は29日午後5時50分ごろ、居酒屋近くにある病院脇のコインパーキングで女性と子供を降ろし、バックで駐車しようとしたところ、看板にぶつかり、前進した際にブレーキとアクセルを踏み間違えて約40メートル暴走し県道(幅約6メートル)を横切って店に突っ込んだ。

 同署は31日、容疑を自動車運転過失致死傷に切り替え、道交法違反(酒気帯び運転)容疑と併せて送検する方針。一緒に酒を飲んでいた女性も同法違反(酒気帯び運転ほう助)の疑いで調べる。【高橋直純】

【関連ニュース】
裁判員裁判:初の危険運転致死罪、被告に懲役14年 千葉
交通死:年末年始86人 過去2番目の少なさ
メッセージ展:被害者遺品に受刑者も涙 東京・立川拘置所
ウッズ:姿見せずサイトに声明 無期限出場自粛
飲酒運転:根絶訴え、京都府警伏見署員が路上で寸劇

山崎前副総裁 公認問題決着後、進退自ら判断(毎日新聞)
<三重大病院>過失認定 国に6千万円賠償命令(毎日新聞)
勢いづく「県外派」=狭まる選択肢-鳩山首相(時事通信)
<恐竜>初めて色を特定「中華竜鳥は赤褐色」 中・英チーム(毎日新聞)
<島根女子大生遺棄>通勤路周辺居住20~40代の男か(毎日新聞)

「ジャニーズ公演券ある」掲示板でウソ、5万詐取(読売新聞)

 警視庁町田署は、神奈川県相模原市清新6、アルバイト渡辺千明容疑者(25)を詐欺の疑いで逮捕したと28日発表した。逮捕は27日。

 発表によると、渡辺容疑者は昨年9月下旬頃、携帯電話からインターネット上の掲示板に、「ジャニーズドリームボーイズ千秋楽チケット」を販売すると書き込み、購入を申し込んできた多摩市の女子大学生(19)に、代金として現金5万円を自分名義の銀行口座に振り込ませた疑い。

 渡辺容疑者はチケットを持っていなかった。「小遣いが欲しかった」と容疑を認めている。同署で余罪を追及している。

<湯沸かし器中毒死>東邦ガスとパロマ 遺族と和解が成立(毎日新聞)
乗客に偽ルイ・ヴィトン販売=容疑でタクシー運転手逮捕-警視庁(時事通信)
<警官発砲死>遺族の請求棄却、未必の殺意認める 奈良地裁(毎日新聞)
双方の見張り不十分が原因=境港沖の衝突沈没事故-運輸安全委(時事通信)
定昇維持巡り厳しい攻防…春闘スタート(読売新聞)

囲碁の謝が女流3冠独占(時事通信)

 囲碁の梅沢由香里女流棋聖に謝依旻女流2冠(本因坊、名人)が挑戦する第13期女流棋聖戦3番勝負の第2局が28日、東京都千代田区の日本棋院で行われ、230手で白番の謝が中押し勝ちで2連勝、タイトルを奪取した。これで謝は現行の女流タイトル3冠を初めて独占した。 

【関連ニュース】
張が先勝=囲碁棋聖戦
小沢氏が名人と囲碁対局=成人の日イベント、引き分けに
山下がタイトル奪取=囲碁天元戦
張が勝ち2勝2敗=囲碁天元戦
山下が勝ち2勝1敗=囲碁天元戦

SNSのグリー最高益 09年7~12月期決算(産経新聞)
成人式 男2人を逮捕、式進行妨害の疑い 長崎・佐世保(毎日新聞)
公明、参院埼玉で独自候補を擁立へ(産経新聞)
春の訪れ、早めか=気象庁3カ月予報(時事通信)
小沢氏「金足りてるか」 石川容疑者ら「収支を説明」と供述(産経新聞)
プロフィール

ひらがひではる

Author:ひらがひではる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。